2019年1月22日(火)

もうだませない STAP細胞を追いつめたソーシャル調査
ブロガー 藤代 裕之

(1/3ページ)
2014/3/28 7:00
保存
共有
印刷
その他

世紀の発見がソーシャルメディアによって追いつめられている。理化学研究所が発表したSTAP細胞は、その存在自体すら疑われる状態となった。問題を明らかにしたのは、ブログや掲示板、まとめサイトなどだ。論文の画像流用や研究者の博士論文のコピペを次々と指摘し、科学に対する信頼すら揺るがしている。

■海外匿名サイトが検証

STAP細胞や論文への指摘に対するコメントが掲載されている理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(CDB)のウェブサイト

STAP細胞や論文への指摘に対するコメントが掲載されている理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(CDB)のウェブサイト

「かっぽう着」「リケジョ」、STAP細胞は科学的な発見以外の部分も含めて大きな注目を集めることになった。当初、ネット上の批判は女性をフォーカスして報道するマスメディアに向いていた。

しかしながら、英科学雑誌ネイチャーのサイトに論文が掲載された直後から、科学者が匿名で議論できるサイトPubPeer(パブピアー)で、疑問を指摘する声が投稿される。これは、カリフォルニア大学デービス校のPaul Knoepfler氏のブログリンクを投稿したもので、「他の研究室でも再現可能か」「人間の細胞でも大丈夫か」など6点が指摘されている。(参考 https://pubpeer.com/publications/24476887)

パブピアーは大学や研究機関のメールアドレスを持つ研究者が参加でき、コメントは匿名になっている。クローンES細胞を作ることに成功したとする論文の間違いを指摘したこともある。

この書き込みに対して、論文の画像の不自然な点や別の論文の再利用があったのではないかなどのコメントが投稿されていく。Paul Knoepfler氏はSTAP細胞の追試情報を集めており、日本の研究者もデータを提供している。(参考 http://www.ipscell.com/stap-new-data/)

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報