ソフトバンク、「プラチナバンド」開始のイベント開催 iPhoneやiPadでも利用可能、対応エリアは順次拡大

2012/7/25付
保存
共有
印刷
その他

ソフトバンクモバイルは2012年7月25日、同社が「プラチナバンド」と呼ぶ900MHz帯の電波の利用開始を記念するイベントを開催した。お笑いタレントが登場し、プラチナバンドによって通信がつながりやすくなることをアピールした。

タレントのスギちゃんや猫ひろしさんが登場

プラチナバンド特設サイトで掲示している2016年度末の対応エリア。赤い表示はプラチナバンドによって通信エリアが拡大できる場所を示している

プラチナバンドとは、テレビのアナログ放送の終了に伴う電波の再編で、ソフトバンクモバイルに割り当てられた900MHz帯のこと。従来ソフトバンクモバイルが利用していた2.1GHz帯の電波と比べると、遠くに届きやすく、障害物があっても回り込みやすい。こうした特性からソフトバンクは従来の2.1GHz帯の基地局と比べてカバーエリアが3倍に広がると説明している。iPhone 4、iPhone 4S、iPad 2、新型iPadのほか、2012年の夏モデルのスマートフォンや携帯電話がプラチナバンドに対応する。

イベントではタレントのスギちゃんや猫ひろしさんが登場。携帯電話やスマートフォンの画面上で電波の受信状況を示すインジケーターをイメージしたユニット「スギちゃん5」を結成したとして電波がつながりやすくなったとアピールした。プラチナバンドを紹介する新しいテレビCMも公開した。

イベントの中では、つながりやすさがどの程度改善されるのか、といった具体的な話は出なかった。同社は開始当初における900MHz帯対応の基地局は数百程度としており、現状では利用できるエリアは少ないと考えられる。プラチナバンドの対応エリアは順次増やし、2012年内に数千の規模に増やす。総務省に提出した計画では、2012年度内には人口カバー率で22.2%。2014年には96.1%、2016年度中には99.9%をプラチナバンド対応にするとしている。

(日経パソコン 松元英樹)

[PC Online 2012年7月25日掲載]

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]