/

「マッカーサー道路」の新橋-虎ノ門間が開通

東京都は2014年3月29日、「マッカーサー道路」の通称で知られる都市計画道路環状2号線のうち、港区内の新橋―虎ノ門間の供用を開始する。延長約1.4kmの同区間は、「新虎通り」の愛称が付く幅員40m(歩道部を含む)の地上部と、幅員24mで自動車専用の「築地虎ノ門トンネル」に分かれている。

工期は2005年1月から2014年3月までで、事業費は約2700億円。工区は細かく分割され、トンネルだけでも8つに分かれている。

築地虎ノ門トンネルは延長約0.9kmで、森ビルが6月11日の開業を目指して整備している虎ノ門ヒルズの地下く体を貫通する。道路の上空に建築物を建てることを可能にする立体道路制度を利用したプロジェクトだ。建築物の施工は大林組が担当している。建築物の設計・監理者は日本設計だ。

[左]港区東新橋の汐留メディアタワー22階から撮影した環状2号線新橋―虎ノ門間。ビルの谷間をほぼ一直線に貫く地上部(新虎通り)の先に、6月11日の開業を目指して整備中の「虎ノ門ヒルズ」が見える [右]虎ノ門ヒルズの地下を通るトンネル区間「築地虎ノ門トンネル」の新橋側の出入り口(写真:いずれも日経コンストラクション、以下同じ)

都は3月23日、築地虎ノ門トンネルを歩行者に開放するウオーキングイベントを開催した。

ビル直下ではトンネルの耐火性能強化

虎ノ門ヒルズは築地虎ノ門トンネルの虎ノ門側出入り口付近に位置している。その直下のトンネル内部は、コンクリートの表面にケイ酸カルシウム板を施工している点が他の箇所と異なる。

[左]築地虎ノ門トンネルの虎ノ門側の出入り口と虎ノ門ヒルズ。同トンネルの施工は、虎ノ門ヒルズの地下では建築の施工者でもある大林組が担い、その他の工区では戸田建設・白岩工業JV、銭高組・大日本土木・アイサワ工業JV、鹿島・鉄建・泉建設JV、清水建設・大和小田急建設・さとうベネックJV、鹿島・鉄建・京急建設JV、銭高組・大日本土木・アイサワ工業JV、清水建設・青木あすなろ建設・さとうベネックJVが分担した [右]ビルの直下ではトンネル内部のコンクリートの表面に耐火板を施工している

東京都第一建設事務所環二工事課では、「トンネルの耐火性能を高めて、火災発生時のビルへの延焼やビルからの延焼を防ぐため」とコメントしている。

歩道工事は15年3月まで続行

トンネルの新橋側には、新橋ランプに出る車線に加えて築地方面へ延びる車線がある。後者の車線の供用開始時期は、築地市場の移転計画と連動するので現時点では未定だ。

[左]築地虎ノ門トンネルの新橋側の出口(右)と築地方面の車線 [右]汐留メディアタワー22階から見た新橋ランプと築地虎ノ門トンネルの新橋側の出入り口。地上部の両脇にある歩道の整備工事は2015年3月に完成する予定だ

地上の新虎通りでは、自転車道や歩道の街路樹の各整備工事が供用開始後も続く。これらは15年3月に完成する予定だ。

[左]環状2号線の案内図 [右]環状2号線の新橋―虎ノ門間の平面図など(資料:いずれも東京都)

(日経コンストラクション 安藤剛)

[ケンプラッツ 2014年3月25日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン