/

ウィンドウズ7でIE10に自動更新、国内は5月7日以降

日本マイクロソフトは2013年4月25日、Windows 7で動作するInternet Explorer 10(IE10)への自動アップグレードを5月7日の週に開始することを明らかにした。自動更新機能を有効にしているWindows 7では、IE10に順次アップグレードされる。

日本マイクロソフトの情報

IE10は、Windows 8に標準搭載されているIEの最新バージョン。IE10の特徴は、HTML5やCSS3といったWeb標準仕様への対応の強化や、パフォーマンスの向上、プライバシー保護機能の強化など。

Windows 7向けのIE10は2月27日から提供されているが、インストールするには、ユーザーが同社サイトからダウンロードする必要があった。今回の対応により、5月7日の週から、自動更新機能を有効にしているWindows 7では、IE10に順次バージョンアップされる。

IE10にアップデートしたくない企業ユーザーなどに向けて、同社ではIE10への自動バージョンアップを無効にする「Internet Explorer 10自動配布の無効化ツールキット」を配布している。

(日経パソコン 勝村幸博)

[PC Online 2013年4月25日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン