母親の生活保護受給「返還する」 河本さんが謝罪

2012/5/25付
保存
共有
印刷
その他

人気お笑いコンビ「次長課長」の河本準一さん(37)が25日、東京都新宿区の吉本興業東京本部で記者会見し、河本さんの母親が生活保護を受給していたことを明らかにした。受給は約15年前からで、今年4月まで続いたという。

河本さんは「むちゃくちゃ甘い考えだった」と謝罪。「テレビに出るようになって収入が多くあるにもかかわらず、母親が受給していた。税金を負担している皆さんに申し訳ない」と話し、自分の収入が増え始めた5、6年前からの受給分を返還する考えを示した。

会見に同席した同社の法務担当の弁護士は「不正受給ではなく道義的な問題」としている。

河本さんは、岡山県内の福祉事務所側からの要請で5、6年前から母親への援助を始め、今年に入って増額したという。その上で「たびたび福祉の方と相談して決めた。問題があるとは想像もできなかった」と述べた。

受給開始時期は、河本さんが芸人になって2、3年後。母親自身が病気になり働けなくなったことが理由。河本さんも年収が100万円に満たなかったので「正しい受給だった」と話した。

一方、今年まで受給を続けた点については「芸人は来年も仕事がある保証がなく、自分も病気になり、負担を感じていた」と声を詰まらせた。

一部の週刊誌が今年4月「年収5千万円の人気芸人の母親が生活保護を受給している」と報道。その後、国会議員のブログなどで河本さんの名前が明らかになり騒動になっていた。一連の報道を受け、母親が受給の打ち切りを申し出た。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]