/

この記事は会員限定です

目標はディズニー、フィンランドの「怒る鳥」世界へ

北欧ゲーム王国 現地ルポ(下)

[有料会員限定]
 スマートフォン(スマホ)向けゲーム開発を主力にしながら、ゲームキャラクターの世界展開で成功している企業がフィンランドにある。世界中で大ヒットしたアクションパズルゲーム「アングリーバード」をもつロビオ・エンターテインメント(エスポー市)だ。同ゲームのキャラクターに関するライセンス契約を世界27カ国の約500社と結び、玩具や菓子、衣料品などが登場。ミカエル・ヘッド最高経営責任者(CEO)は「ウォルト・ディズニーをめざす」と宣言している。世界展開を進めるロビオを通してスマホ時代の新しいゲーム会社の姿を紹介する。(ジャーナリスト 新 清士)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4789文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン