/

この記事は会員限定です

建設でも3Dプリンター 課題克服で普及へ前進

建設ITジャーナリスト 家入龍太

[有料会員限定]
ケンプラッツ
建物や土木構造物の模型を3D(3次元)プリンターで製作するときの課題として、開口部や空洞が多いのでエラーが起こりやすい、壁や部材などが薄い、地形データの加工が難しいなどが挙げられる。最近、これらの課題を克服する技術やサービスが増えている。また、3D設計ソフトウエア大手のオートデスクが3Dプリンター事業に参入するなど、建設・土木業界の3Dプリンター普及に向けた環境が整いつつある。

3Dプリンターは、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4528文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン