/

この記事は会員限定です

大使時代に見た習近平氏の実像

(丹羽宇一郎氏の経営者ブログ)

[有料会員限定]

過去最高となる168人の国会議員の靖国神社参拝に反発したのか、こちらも過去最多の8隻の中国公船が尖閣諸島付近の領海に侵入し、日中関係は相変わらず溝が埋まる気配がありません。

3月に選出された習近平国家主席の発言からは、日本に対して厳しい姿勢で臨む考えが垣間見えますが、これは仕方がないでしょう。日中関係は少なくとも3年間は、表立って改善に向かう可能性は低いと見ています。

習氏が人事権を握って息のかか...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1437文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

経営者ブログでは、著名な経営者が企業戦略や産業界を取り巻く話題、日常的な発想など幅広いテーマで本音を語ります。 経営、人材育成、会社や組織のあり方、政治や社会問題などをリーダーそして成功者の目線でとらえ、経営者の考え方や役割も学べるコラムです。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン