/

この記事は会員限定です

高度な長期戦略で結実 オランダの「持続可能な社会」

[有料会員限定]
 したたかな戦略と真摯な姿勢で、持続可能(サステナブル)な社会を構築しつつあるオランダ。九州ほどの国土面積しかないにもかかわらず、高度な機械化と情報化によって、同国は世界第2位の農産物・食品輸出国になった。二酸化炭素(CO2)排出量の削減やエネルギー利用の高効率化の進捗も著しい。オランダと交流がある横浜スマートコミュニティの岩藤泰男氏と有馬仁志氏に、同国のサステナビリティ構想の実態や日本が学ぶべき点について寄稿してもらった。(日経エレクトロニクス編集部)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4674文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません