/

この記事は会員限定です

小泉ドン・キホーテ、原発ゼロへ「見果てぬ夢」

編集委員 清水真人

[有料会員限定]

「俺に裏などない。やむにやまれぬ気持ちで言っているんだ」。元首相の小泉純一郎はこうつぶやいている。度重なる「原子力発電ゼロ」発言の狙いは首相の安倍晋三に決断を迫ること、その一点にある。往時の郵政民営化に劣らぬ気合。裏がないなら、妥協の余地とてない。安倍にとって最強の後ろ盾か、まさかの倒閣運動かは紙一重だ。

「俺の直感だ。感性だよ」

「夢はみのり難く 敵はあまたなりとも 胸に悲しみを秘めて 我は勇みて行かん……たとえ傷つくと...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2517文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン