山手線新駅に向けいよいよ 田町の車両基地移設が完了

(1/3ページ)
2013/11/26付
保存
共有
印刷
その他

東日本旅客鉄道(JR東日本)は2013年11月23日未明から24日午前10時20分ごろまで、約34時間かけて品川駅付近で線路切り替え工事を実施。切り替え後、品川─田町駅間にある車両基地(旧田町車両センター)を廃止し、その東側に新設した車両基地の一部使用を開始した。

品川駅の横浜方で実施した線路切り替え工事の様子。23日午前9時すぎ、水平30トン吊りの鉄道クレーンを使って、新しい分岐器を設置した(写真:ケンプラッツ)

品川駅の横浜方で実施した線路切り替え工事の様子。23日午前9時すぎ、水平30トン吊りの鉄道クレーンを使って、新しい分岐器を設置した(写真:ケンプラッツ)

線路切り替え工事のために、東海道線は東京─横浜間で23日終日と24日午前10時20分ごろまで運休した。23日は祝日だったとはいえ、工事のために終日運休したのは異例。横須賀線も24日初電から10時20分ごろまで、発着駅を新宿駅または大崎駅に変更した。特急も一部運休したり、発着駅を変更したりした。

実施した工事の内容は次のとおり。同社によれば、全体で約1400人の作業員を動員した。

・品川駅の横浜方で、東海道線7~12番線と横須賀線13~15番線の計9線分の駅進入・進出ルートを変更する大規模な配線改良を実施した。鉄道クレーンを2台使って、品川駅の東京方で組み立てた分岐器を横浜方に運搬し、6組の分岐器を新設し、5組の分岐器を撤去した。

・車両基地の東京方では、分岐器1組を撤去し、新車両基地と東海道線の上り線を接続した。

・切り替え工事完了後、新車両基地とともに、改修した品川駅の9、10番線の使用も開始。一方、7、8番線の使用を停止した。

品川駅の線路切り替え工事の概要(資料:JR東日本東京支社)

品川駅の線路切り替え工事の概要(資料:JR東日本東京支社)

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]