2018年11月18日(日)

旭化成、「死ぬまでトップ君臨」経営に決別

(1/3ページ)
2014/1/27 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

食品包装の「サランラップ」で知られる旭化成が先週発表した社長交代。新社長に就く浅野敏雄(61)は現在、事業子会社の旭化成ファーマの社長で、医療・医薬分野一筋の人物だ。化学と繊維、「へーベルハウス」ブランドの住宅が売りの旭化成の中では傍流の感があるが、同時に発表された現会長、現社長の処遇を見ると、その意図がクッキリと浮かび上がる。宿痾(しゅくあ)だった「死ぬまでトップが君臨する社風」と完全に決別す…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報