2019年2月16日(土)

パナソニック、病院で薬剤など搬送するロボットを発売

2013/10/25付
保存
共有
印刷
その他

パナソニックは、病院内で薬剤や検体を全自動で搬送する「病院内自律搬送ロボットHOSPI」(ホスピー)を2013年10月に発売する。同ロボットにより、病院の間接業務の効率化を目指す。

パナソニックが発売する病院向け自律搬送ロボット

パナソニックは、ロボットの開発に先立って、松下記念病院(大阪府守口市)において医療・看護業務の調査・分析を行い、間接業務である薬剤や検体の院内搬送が看護師や検査技師の本来業務の大きな阻害要因となっていることを明らかにした。その結果を受け、搬送業務を自動化するロボットの開発に2010年初めから取り組んだ。同病院での実証実験を行う中で、ロボットの機能や性能の検証だけでなく、病院経営への効果が大きいことも明らかにしている。

発売するロボットは、走行誘導ラインや軌道を必要とせずに病院内のどこへでも搬送できるので、ロボット導入のための工事が不要となり、導入費と維持費が抑えられるという。エレベータにも自動乗降できる。薬剤の臨時搬送や検体の検査部への搬送に機能を絞り、安定姿勢で静かな搬送を実現しているので、従来の搬送装置や人手では難しかった輸液薬剤や抗がん剤、尿検体の搬送にも対応できるとしている。

(日経ものづくり 高田憲一)

[Tech-On! 2013年10月24日掲載]

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報