2019年6月26日(水)

パソ通体験サービス「NIFTY-Serve」が1年間限定で登場

2012/5/24付
保存
共有
印刷
その他

ニフティは2012年5月24日、同社がかつて(1987~2006年)提供していたパソコン通信サービス「NIFTY-Serve」(ニフティサーブ)を体験できる同名のサービス「NIFTY-Serve」(写真)を1年間の期間限定で提供開始したことを発表した。利用料金は無料。

写真 ニフティが1年間限定で提供を開始したパソコン通信体験サービス「NIFTY-Serve」(ニフティサーブ)

「Facebookを使った完全招待制」という特徴的なサービスとなっており、参加するには、(1)既にサービスを利用しているFacebook上の友達から招待を受ける、(2)NIFTY-Serveの招待申請ページから申し込んでニフティから招待を受ける──のいずれかの方法で招待状を受け取って参加資格を得る必要がある。加えて、同社が運営するISP(インターネットサービスプロバイダ)「@nifty」のFacebookページへの「いいね!」表明も必要になる。

今回、同サービスを提供することを決めた理由についてニフティでは、『2011年に創立25周年記念プロジェクトの一環として、パソコン通信を体験できるコンテンツ「Welcome to NIFTY-Serve」を公開し、大きな反響があった』ことを挙げている。同社によれば、これまでにFacebookやTwitterなどを通じて3万件を超える反響があったといい、その中でも特に、特定テーマに関心を持つユーザー同士が集う場である「フォーラム」を復活させてほしいという意見と、「昔の仲間と久々に会いたい」という声が多く寄せられたという。

こうしたユーザーからの要望を受ける形で同サービスでは、当時のフォーラムについてコメントなどを付けられる「フォーラム同窓会」や、かつての思い出やエピソードを語り合うための電子掲示板「エピソード募集」、NIFTY-Serve上のハンドルネーム(ユーザーID)を使ってユーザー同士がメッセージをやりとりできる仕組み「メッセージ」を用意。その他、自己紹介やフリートークなどに使えるノージャンルの電子掲示板「フリートーク」なども設置している。

同社では、上記フリートーク内でユーザーからの機能追加やサービス拡充に対する意見や要望を受け付け、今後1年間を通して同サービスをさらに改良・発展させていく予定だという。

(ITpro 斉藤栄太郎)

[ITpro 2012年5月24日掲載]

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報