2018年7月16日(月)

次世代無線LANの標準化、「11ai」が期待を集める理由

2012/7/24 23:00
保存
共有
印刷
その他

 「周囲から大きな期待が寄せられていることは十分感じている。正直、かなりのプレッシャーだ」(IEEE802.11ai作業部会 議長の真野浩氏)。

 次世代無線LANの標準化の場で、IEEE802.11aiへの関心が急速に高まっている。11aiはもともと、無線LANの接続時の初期認証(セキュリティー認証)にかかる時間を、10分の1程度まで短縮する仕様作りを目指した作業部会だった。それが現在は、セキュリティー認証の高速化にとどまらず、アクセスポイントやサービスの発見(ディスカバリ)に要する時間の短縮についても、技術仕様を策定することが期待されるなど、役割が拡大しつつあるのだ。

 ディスカバリの機能が向上すれば、無線LANのユーザビリティが改善するほか、これまでに無い用途への適用も考えられる。2012年7月15日~20日に、米カリフォルニア州サンディエゴで開催されたIEEE802.11WGの総会では、11aiの24件の寄書(Contribution)のうち、20件がネットワークおよびアクセスポイントのディスカバリに関するものだった。

 11aiがディスカバリの機能向上を視野に入れていることを受けて、次世代無線LANを策定中の他の作業部会からの注目度が上がっている。「TVホワイトスペース(テレビ放送用に割り当てられているが、地域や時間帯によって使われていない周波数帯)」の活用を目指す「11af」や、900MHz帯の活用を想定する「11ah」といった作業部会も、11aiの仕様を盛り込もうとしているからだ。11ai議長の真野氏によれば、他の作業部会から11aiの標準化をスピードアップするように、強く要求されているという。「802.11WGの主要なメンバーから、議論を先に進めるように常にアドバイスを受けている」(真野氏)。

 実際、11aiの作業部会に加わる企業の数も増えている。以前から積極的だったフィンランドNokia社や米Marvell社、英CSR社に加え、米Qualcomm社や中国Huawei社の取り組みが目立つようになった。さらに、米Apple社や米Intel社も加わっている。

 こうした海外メーカーの積極的な活動に比較して、日本の機器メーカーの取り組みは今一つの状況にある。真野氏自ら、日本のメーカーに11aiの活動をプレゼンテーションしても、なかなか乗ってこないという。「日本のメーカーが動かないのは大変残念。海外の大手メーカーは、11aiの採用に動いている。本当は日本メーカーにも、もっと関わってほしい」(真野氏)と強く訴えていた。

(日経エレクトロニクス 蓬田宏樹)

[Tech-On! 2012年7月24日掲載]

保存
共有
印刷
その他


[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報