政府自ら顧客を誘致するシンガポールの強さ アジアで「クラウドハブ」争奪戦(2)

(1/3ページ)
(1/3ページ)
(1/3ページ)
2011/3/1 7:00
保存
共有
印刷
その他
 米国の大手クラウドサービス事業者[注1]やITベンダーが、アジアの拠点として最も多く選んでいる都市がシンガポールだ。抜群の地の利に加えて、シンガポール政府による手厚いデータセンター振興策が功を奏している。政府はユーザー企業の誘致にも積極的に乗り出しており、ソニーが現在、日本にあるサーバーをシンガポールに移行中だ。

シンガポール経済開発庁によると、同国には現在、30社以上のデータセンター事業者が進…

保存
共有
印刷
その他

日経BPの関連記事

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]