/

この記事は会員限定です

3次元曲面の調整も人要らず 新設計で建築部材最適化

デジタル設計進化形(後編)

[有料会員限定]
 「コンピュテーショナルデザイン」を駆使した建築が生まれ始めた。コンピューターのプログラムを使って際限なくスタディー(プランや形状などの検討)を繰り返し、空間構成や部材構成を最適化して新たな設計を実現している。経験や勘、忍耐強い手作業に頼ることなく創造性を発揮できる。この手法が、新たなデザインの可能性を開いている。3次元曲面など複雑な形状でも、人力頼みの煩雑な操作なしでデザインを調整。施工しやすいように、部材の形や大きさをそろえるスタディーも可能だ。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1837文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン