「十字架委員長」河上丈太郎(7) 社会党委員長として東奔西走
特別編集委員 安藤俊裕

2011/1/30 12:22
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

安保闘争の最中の1960年(昭和35年)6月17日、河上丈太郎はキリスト教系大学の教授・学生の安保反対請願デモを出迎えるため、同僚議員とともに衆議院議員面会所に立っていた。そこへ1人の青年が河上の背後に回り込み、突然ナイフで河上の背中を刺した。河上がうめき込んで倒れかかったところを犯人は再び刺そうとしたが、そばにいた戸叶里子議員が大きな悲鳴を上げたため、犯人は刺すのをやめて逃げだし、西村関一議員…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

これまでの「政客列伝」

電子版トップ



[PR]