/

この記事は会員限定です

「安倍・自民」でベンチャー育つか

編集委員 小平龍四郎

[有料会員限定]

大胆な金融緩和によるデフレ脱却を掲げる自民党への市場の反応は円安・株高。政府と日銀がアコード(政策協定)を結ぶべきかどうかという論争に、自民党の安倍晋三総裁は「勝負あったと思っている」と語ったそうだ。市場の反応に気を良くしているのかもしれないが、デフレ脱却のためには金融緩和だけで十分なのだろうか。

関連記事
・11月20日日経夕刊1面「『日本取引所』を承認、アジア金融の中核目指す」
・11月22日日経朝刊3面「自民公約あえて曖昧」
・11月22日日経夕刊1面「新規上場数回復続く 12月、5年半ぶり高水準」
・11月23日日経電子版「自民総裁『金融政策論争、勝負あり』」

デフレの根本的理由は潜在成長率の低下

デフレの根本的な理由の一つは、日本経済の潜在成長率が下がっていることにある。潜在成長率を引き上げる方...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1079文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン