匿名でも油断大敵 Twitterの情報流出防止策 ソーシャル活用の新常識(4)

(2/5ページ)
2014/1/5 7:00
保存
共有
印刷
その他

Twitterで無用なトラブルに巻き込まれないためには、「自分の情報がどこまで公開されるのか」をしっかり理解することがポイントです。Twitterにおける初期設定の「落とし穴」を確認してみましょう。

Twitterのセキュリティーとプライバシーに関する設定は、設定メニュー(右上の歯車マークのプルダウンメニューから選択)で変更できます。

Twitterの「セキュリティとプライバシー」設定

Twitterの「セキュリティとプライバシー」設定

Twitterで特に気をつけたいポイントは、3つあります。順に説明しましょう。

【ポイントその1】公開・非公開の設定

Twitterでは、自分の書き込み(「ツイート」と言います)を全部公開するか、全部非公開(鍵付き)にするかを選択できます。ただし、Facebookなどのように、部分的に公開範囲を指定することはできません。

公開設定でのツイートは、Twitterの中だけでなく、インターネット上のどこからでも検索することができ、誰でも見ることができます。例えば、Yahoo! JAPANの「リアルタイム検索」[注]で「なう」(「今◯◯している」といった意味で使われるネット用語)というキーワードで検索してみてください。今、このタイミングで「どこにいる」「何をしている」「誰と一緒にいる」とツイートしているアカウントが、たくさん表示されるでしょう。

そのうち1つをクリックしてみると、当該アカウントの過去のツイートも見ることができてしまいます。見知らぬ人でも、当該アカウントを持つ人がどんな生活をしているのかをのぞき見ることができてしまうのです。

[注]Yahoo! JAPAN「リアルタイム検索」のURLは、http://search.yahoo.co.jp/realtime
  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

ソーシャル活用の新常識

日経BPの関連記事

電子版トップ



[PR]