「8つの苦」に取り巻かれる自動車業界  編集委員 中山淳史

(1/2ページ)
2011/5/25 7:01
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「自動車業界は六重苦」と日本自動車工業会の志賀俊之会長(日産自動車最高執行責任者)が先週、訴えた。円高、税金、自由貿易協定(FTA)、労働規制、温暖化対策、電力問題と6つの苦しみ、だそうだ。だが、「問題はそれだけではない」との声も業界には多い。「がんばれ、日本」のエールの中、あえて日本への立地の難しさを声にする心の内とは。

志賀氏が訴えたのは、経済産業省主催の研究会。東日本大震災で傷ついた自動車…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事


電子版トップ



[PR]