/

この記事は会員限定です

上海自由貿易の実験に潜む中国の深慮

編集委員 滝田洋一

[有料会員限定]

中国経済は軟着陸できるか、といった議論をしているうちに、当の中国はダイナミックに動いている。李克強首相が旗を振り、10月1日に上海で始まる自由貿易の実験は、その典型だろう。自由貿易試験区がスタートする。外国企業に対する規制を大胆に撤廃し、貿易と金融の自由化を進める。

関連記事
・9月6日産経(ネット版)「上海自由貿易試験区で人民元資本取引緩和へ」
・9月12日日経電子版「上海に第2の香港 自由貿易区構想に李首相の深謀」
・9月17日人民日報(ネット版)「上海自由貿易試験区 10月1日より設立=商務部」

念頭に置くのはTPPとTTIP

狙っているのは、単なる上海地域の開発ではない。上海を突破口に中国経済の改革に乗り出すことを考えている。念頭に置いているのは、環太平洋...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1266文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン