/

アップルの特許侵害「なし」、モトローラ提訴に米ITC判断

米国際貿易委員会(ITC)は現地時間2013年4月22日、米Google(グーグル)傘下の米Motorola Mobility(モトローラ・モビリティ)が米Apple(アップル)を特許侵害で提訴していた件で、Appleによるセンサー関連特許の侵害はないとの判断を明らかにした。これによりAppleは、「iPhone」が米国内で販売禁止となる事態を回避した。

Motorolaは2010年に、Appleに6件の特許を侵害されたとし、一部無線通信デバイス、携帯型音楽プレーヤーやコンピューター、部品の米国輸入と米国販売が違法に当たると主張した。その後、6件のうち2件は対象から除外され、ITCの担当行政法判事(ALJ)が2012年4月24日に、Appleによる「6,246,697」特許の侵害を確認したが、「5,636,223」「6,272,333」「6,246,862」特許の侵害は認められないとする仮判断を示した。

ITCは2012年6月25日、ALJの仮判断を見直すことを決定。8月24日に、6,246,697、5,636,223、6,272,333特許の侵害は無かったと判断した。携帯電話の入力センサー技術に関する6,246,862特許についてはALJに差し戻し、特許無効とする見解の見直しを求めた。

ALJは2012年12月18日、6,246,862特許クレーム1をAppleの製品が文言上は侵害していると判断したが、そもそも同特許クレーム1は無効であると見なした。2013年2月19日に、ITCはこの判断を再検討することを決定。当該特許クレーム1が、有効か無効かに焦点が絞られた。

ITCは今回、AppleやMotorolaなど関係者が提出した資料や証拠から、6,246,862特許クレーム1は無効であるとの最終結論に達した。これをもってITCは、2010年11月から行っていた調査を終了する。

[ITpro 2013年4月23日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン