/

ネットでいまだに「慶応SFC出身者」が活躍している理由

ブロガー 藤代 裕之

「ここもSFC出身者が多くないですか」――。ソーシャルメディアにかかわっていると、時々そんな声を耳にする。SFCとは慶応義塾大学の湘南藤沢キャンパスのことで、総合政策学部や環境情報学部などがある。1990年に開設され、いち早く授業にインターネットを導入したことやAO入試(アドミッションズ・オフィス入試)など大学改革の成功事例として取り上げられることも多い。インターネット時代の台頭とともに、その存在や出身者が注目されてきたが、ソーシャルメディアの時代でもいまだに多くの出身者が活躍している。個人のパワーを生かすSFCの人材育成手法に、企業が学ぶべき点は少なくないはずだ。

「先頭を走るからこそ前例がない」校風

慶応義塾大学湘南藤沢キャンパス(同サイトより)

グリーの取締役で国際事業を手がける青柳直樹氏、復興支援サイト「PRAY FOR JAPAN」や学生向けアプリ「すごい時間割」を開発している鶴田浩之氏、社会起業家で病児保育・病後児保育のNPO(特定非営利法人)、フローレンスを運営する駒崎弘樹氏などがSFC出身者である。このほか、独自の教育プログラムを実践するNPOのカタリバの今村久美氏や、新しい若者論「絶望の国の幸福な若者たち」で注目を集めた社会学者の古市憲寿氏、ソーシャルメディアのデータ分析サービス「Social Insight」(ソーシャル・インサイト)の開発にかかわった閑歳孝子氏もSFC出身だ。

実際に何人がソーシャルメディアに携わっているかといった具体的なデータは見つけられなかったが、SFC出身者個人が持つソーシャルメディアへの発信力が高いため、「SFC出身者」という点が目立つのかもしれない。「フェイスブック」を利用し、なぜソーシャルメディアでSFC出身者が注目されるのかを問いかけてみた。

すると、「ルールは守るものではなく作るものだし、先例がないのは当たり前で、なぜなら自分達が先頭を走っているから、という考えが校風にあるから」という声があった。また、「授業中に単なる話し合いではなく、ディスカッションをする機会が多く、人に意見を言うことに慣れているといった授業内容がソーシャルメディアの中でも目立つのでは」という意見もあった。

一方で、「組織化された企業の中では異端児扱いされるのではないか」という声もあった。SFC出身者の評価について、キャンパス開設20年を検証した書籍「異端の系譜-慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス 」(中公新書ラクレ)で著者の中西茂氏は、「ジェットコースターのように変わる評価」として、コンピューター利用や外国語教育の先進性の評価から、学生が使いにくい、すぐ辞めるという企業社会での不評があったと紹介している。

入学生の4分の1は「尖った人材」

青森県三沢市で2月に行われ、政財界など著名人が集まった「G1サミット2012」で、総合政策学部長の国領二郎教授と茂木健一郎氏の対談があった。そこで入試制度改革がテーマになった際に「SFC卒業生はすぐ辞めるというのは神話」としつつ、尖った学生をいかに採用するのが重要かについて述べていた。

また、ソーシャルメディアとSFCの関係についても国領教授は、「インターネットにより、個々の人が情報によってエンパワーされていく、自律的なイニシアティブが横につながり合っていくという社会になっていく、という大きな時代感や思想的なものがある。こうした動きが、ソーシャルメディアやNPOと親和性が高い」と言う。そうした部分に、SFCの特性も当てはまるのかもしれない。

ただ、創業時には「進取の気風」に評価が高まり、チャレンジ精神が旺盛な人が集まるのは大学もベンチャーも同じといえるが、評価が高まるに連れて次第に「普通」になっていくことが多い。SFC出身者からは「昔ほどではない」という声があったが、それでもSFCが個性的な学生を輩出し続けられる理由を尋ねると、入試にあるのではないかという。

「へんてこなやつを4分の1ぐらい取り続けているのではないか。4分の1ぐらいの塊があると変な雰囲気が生まれる。キャンパスにそうした雰囲気が流れていると、潜在的にちょっと尖っている学生も引き出される」というのだ。

すでに評価が高まったSFCだから、優等生が集まるのではとの指摘もある。だが、入試時にある一定数の「変人」を確保することで、わざとある雰囲気を作り出していく。この雰囲気が、SFC出身者が述べた校風であり、授業内容に反映されているのだろう。

自ら手足を動かす高校生向けワークショップも開催

国領二郎教授

SFCは2011年から高校生を対象としたワークショップ「未来構想キャンプ」を開催している。3次元プリンターやカッティングマシンといった工作機械をネットワーク化するなど、オープンで新しいものづくり拠点として注目される「FabLab Japan(ファブラボジャパン)」を立ち上げた田中浩也・環境情報学部准教授らによる5つのワークショップが一日かけて行われる。ノートを取る講義スタイルではなく、手や体を動かすというSFCが求める学生像を高校生にアピールする試みだ。

ツイッターによる情報発信もあり、参加する高校生と、迎える教員や在学生が準備段階から交流したり、前日に行われたオープンキャンパスで参加する高校生が顔を合わせたり、といったことが起こっていた。

国領教授は、「人と違うことはいいこと。いろんな軸でいいことをした人を褒め称えよう。失業したときに助け合うようにと話す。それだけあればリスクを取れる。一人ではなくコミュニティとしてサバイブしよう」と卒業生を送り出すという。

個人を中心に自立的な教育を行い、人と人とのつながりをつくって社会と向き合うという考えが、ソーシャルメディアの登場により「可視化」されたことで目立つようになったのかもしれない。

マイナスのスパイラルから脱し、組織の固定化防げ

ソーシャルパワーによって自らメディアを持った個人と組織の対立は今後も広がっていくことが予想される。パワーを備える「個人」を活用できる組織になるためにSFCのまねをすることがあるとすれば、まずは実践的な教育よりも採用時に25%の「変人枠」が必要ということになるだろうか。

右肩上がりの時代から比べると採用人数自体が減り「変わった学生は落とすように」とリクルーターに指示する大手企業もある。採用者が少なくなると、失敗できないという意識が働き、手堅い人材に傾き、それがさらに組織の固定化を生むのでは、マイナスのスパイラルが発生するだけだろう。ソーシャルメディアの活用がうまく行かないと嘆く企業は、社員の採用を見直してみるべきなのかもしれない。

藤代裕之(ふじしろ・ひろゆき)
ジャーナリスト・ブロガー。1973年徳島県生まれ、立教大学21世紀社会デザイン研究科修了。徳島新聞記者などを経て、ネット企業で新サービス立ち上げや研究開発支援を行う。学習院大学非常勤講師。2004年からブログ「ガ島通信」(http://d.hatena.ne.jp/gatonews/)を執筆、日本のアルファブロガーの1人として知られる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン