/

この記事は会員限定です

国内メーカーの活路になるか ドコモが打ち出すタブレット戦略

ジャーナリスト 石川 温

[有料会員限定]

1月22日、NTTドコモは春商戦向けの新端末12機種を発表した。スマートフォン(スマホ)が9機種、タブレット2機種、Wi-Fi(無線LAN)ルーター1機種という内訳だ。KDDIが春モデルとして発売するのは24日に発表になる「INFOBAR」だけ。ソフトバンクも「AQUOS PHONE Xx」など3機種なので、NTTドコモの投入機種の多さが際立っていた。NTTドコモは新製品に加え、家庭をターゲットと...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3126文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

モバイルの達人

最新スマホの最速レビューから、最新技術動向、スマホを巡るビジネスの裏側など業界を知り尽くす「達人」がお伝えします。動きの早いモバイル業界の「次を読む」ためのヒントが満載。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン