2019年3月25日(月)

首相、普天間移設「辺野古に」 沖縄知事「遺憾」

2010/5/23付
保存
共有
印刷
その他

米軍普天間基地の移設問題で仲井真弘多沖縄県知事(右端)と会談する鳩山首相=23日、沖縄県庁(代表撮影)

米軍普天間基地の移設問題で仲井真弘多沖縄県知事(右端)と会談する鳩山首相=23日、沖縄県庁(代表撮影)

鳩山由紀夫首相は23日午前、沖縄県の仲井真弘多知事と会談した。首相は米軍普天間基地(宜野湾市)を米軍キャンプ・シュワブ沿岸(名護市辺野古)に移設する方針を伝え、協力を要請した。沖縄県外への訓練移転を進める考えも伝えた。知事は「大変遺憾だ。極めて厳しいとお伝えするしかない」と述べた。

首相は知事との会談で「国内および日米で協議を重ねた結果、辺野古付近にお願いせざるを得ない」と述べるとともに、「東アジアの安全保障に不確実性が残る中で在日米軍の抑止力を低下させてはならない」と語った。

さらに「県外にという言葉を守れなかったことと、結論に至るまでの過程で県民に混乱を招いたことを心からおわびしたい」と陳謝した。

知事との会談後、首相は記者団に「知事、県民の理解を得るためにできるだけ話し合う」と強調。沖縄の基地負担軽減については「これからもずっと努力する。5月末ですべて終わりではない」「これからも米に求めていきたい負担軽減策はもっとある」などと述べた。

県庁前で県内移設反対を訴える人たち(23日、沖縄県那覇市)

県庁前で県内移設反対を訴える人たち(23日、沖縄県那覇市)

日米両政府は22日、普天間基地の移設先を辺野古沿岸とする方針で大筋合意した。代替施設を建設する具体的な位置や工法は秋までに詰める。米ヘリ部隊の一部訓練の県外移転を検討する。28日にも合意内容を盛った共同文書を発表する。

首相の沖縄入りは今月4日に続いて2度目。前回の訪問では仲井真知事との会談で、「新しい政権をつくるときに国外、最低でも県外が望ましいと申し上げた。現実に日米の同盟関係を考えたとき、それは抑止力の観点から難しいとの思いになった」と述べた。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報