2019年4月20日(土)

フィギュアの世界

フォローする

ソチへ好発進 浅田真央の笑顔が映す成長の軌跡

(1/4ページ)
2013/10/25 7:00
保存
共有
印刷
その他

ソチ五輪シーズンのフィギュアスケート・グランプリ(GP)シリーズが米国大会を皮切りに始まった。浅田真央(中京大)はショートプログラム(SP)もフリーも首位で米国大会を制した。2位、5位に終わり初めてGPファイナルを逃した4年前の五輪シーズンとは見違えるような充実感のある笑顔を見せている。

SPもフリーもプログラムに流れ

今季のSP曲はショパンの「ノクターン」。シニア1年目にも使った曲で、「浅田らしい」と評価が高かった。フリーはラフマニノフのピアノ協奏曲第2番で、王道の名曲だ。同じラフマニノフでも4年前の「鐘」と違い、テンポがいい。

初戦はSP、フリーともにプログラム全体としての流れがあったことが印象的だ。SPはトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)で、フリーレッグ(着氷しない方の足)が氷面をかすって減点されたものの、クリーンに回ってきれいにプログラムをまとめた。

フリーはトリプルアクセルで派手に転倒し、3回転―3回転ジャンプが3回転―2回転になった。ダブルアクセル(2回転半ジャンプ)―3回転も後ろのジャンプは2回転、ほかにも回転不足が出たが、流れは大きく崩れなかった。

もっともっとやれば上を目指せる

SP73.18点、フリー131.37点。2位は地元・米国のエース、アシュリー・ワグナー。GP大会はご当地選手にやや甘めに点が出ることがある。ワグナーはSP、フリー両方で3回転―3回転の連続ジャンプを決め、ジャンプミスは浅田より少なかったが、フリーの得点は浅田より6.82点も低かった。

ジャッジが五輪とGP大会では違い、ルールも変わったので単純比較はできない。だが、トリプルアクセルを計3度決めた前回バンクーバー五輪並みの得点に、浅田は「あのときから滑りもスピンも違うし、ジャンプもルッツまで6種類全部(バンクーバーでは苦手意識の強かったサルコーとルッツを回避)入れている。この演技でこれだけもらえるのは満足。もっともっとやれば上を目指せるのではないかな、と思う」。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 次へ

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

フィギュアスケートのコラム

電子版トップスポーツトップ

フィギュアの世界 一覧

フォローする
紀平はフリーで巻き返したが、SPの出遅れが響いた

 日本勢の金メダル2個、銀メダル1個と沸いたさいたま大会から5年。再びさいたまスーパーアリーナで行われたフィギュアスケートの世界選手権は、銀メダル1個にとどまった。だが、日本勢にとっては実り多く、これ …続き (3/30)

紀平はGPファイナルで、13年ぶりに日本選手として初出場初優勝を果たした=共同共同

 フィギュアスケートの世界では、五輪の翌シーズンに新しいスター選手や、大きなルール改正に伴ってこれまでにない戦い方をする選手が出てくることがある。今季はそれが顕著で、わかりやすい。紀平梨花(関大KFS …続き (1/14)

ジャンプにミスが出たが、高橋は高い演技構成点を獲得した=共同共同

 24日まで行われたフィギュアスケートの全日本選手権で男子2位に入った高橋大輔(関大KFSC)。2019年3月20~23日にさいたま市で開催される世界選手権の代表入りは辞退したものの、自分らしく4年ぶ …続き (2018/12/30)

ハイライト・スポーツ

[PR]