ノルウェー銃乱射、80人死亡 オスロ爆弾と連続テロか
乱射現場で極右とつながりある男を逮捕

2011/7/23付
共有
保存
印刷
その他

 【オスロ=共同】AP通信などによると、ノルウェーの首都オスロ中心部の官庁街で22日、大規模な爆弾テロがあり、7人が死亡、首相官邸が入るビルなどが大きな被害を受けた。その後、与党労働党の青年部の集会があった同国南部のウトヤ島で警官の制服を着た男が銃を乱射した。警察は少なくとも80人が死亡したことを明らかにし、連続テロとみて調べている。

ノルウェーの首都オスロ中心部で爆弾テロ。官邸ビルなどに大きな被害(22日)

ノルウェーの首都オスロ中心部で爆弾テロ。官邸ビルなどに大きな被害(22日)

 ストールベルゲ法務・警察相は同日夜、記者会見し、乱射現場でノルウェー人の男1人を逮捕したと明らかにした。地元テレビ局などによると、男は極右とつながりがある32歳の白人でアンネシュ・ブレイビク容疑者。警察当局は同容疑者のアパートを家宅捜索した。犯行の動機などは不明。

 AP通信によると、警察当局者は「犯行はイスラム過激派とは無関係とみられる」と語った。男が単独で両方の事件を起こした可能性があり、国家警察幹部は、男が南東に約30キロ離れたオスロ中心部で、爆弾テロの前に目撃されたと語った。

 23日にはストルテンベルグ首相が集会に出席する予定で、警察は首相を狙ったテロの可能性があるとみている。

 警察は島内の捜索で起爆前の爆発物を発見、男が大量殺害を狙っていた可能性が濃厚となっていた。

 首相は両事件について「政府の政策などが狙われた」と話した。オスロでは爆発の激しい場所の近くで大破した自動車が見つかり、警察は、車爆弾の可能性があるとの見方を示した。

 目撃情報などによると、政府はオスロ市内に軍兵士を派遣、さらにテロが発生する恐れもあるとして、市民に中心部からの避難を呼び掛けている。

 在ノルウェー日本大使館は「今のところ、日本人の被害の情報はないが、確認を急いでいる」としている。

 オスロでは首相官邸の入るビルはほとんどの窓が割れ、近くにある石油・エネルギー省の建物が炎上するなど複数の政府関連施設に被害が出た。

 ロイター通信によると、北大西洋条約機構(NATO)に加盟するノルウェーは対リビア政府軍攻撃に参加し、アフガニスタンに派兵している。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 18日 2:00
18日 2:00
東北 18日 10:46
18日 2:00
関東 18日 2:00
18日 2:00
東京 18日 23:00
18日 19:28
信越 18日 1:00
18日 1:00
東海 18日 22:00
18日 21:45
北陸 18日 19:26
18日 18:47
関西 18日 20:30
18日 18:47
中国 18日 10:50
18日 10:30
四国 18日 20:16
18日 2:00
九州
沖縄
18日 21:30
18日 21:19

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報