回送電車が作業車と衝突横転 JR川崎駅、2人けが

2014/2/23付
保存
共有
印刷
その他

衝突事故で脱線、横転したJR京浜東北線の車両(23日未明、川崎市)

衝突事故で脱線、横転したJR京浜東北線の車両(23日未明、川崎市)

23日午前1時15分ごろ、川崎市幸区堀川町のJR京浜東北線川崎駅のホーム付近で、上りの回送電車(10両編成)が同じ線路上に止まっていた作業車と衝突した。回送電車の先頭と2両目が脱線して横転し、いずれも男性の運転士(34)と車掌(25)が軽傷を負った。

作業車は重機の運搬用で無人だった。川崎署は誤って回送用の線路に止まっていたとみて、運転士やJR東日本の関係者らから事情を聴くなどして詳しい状況を調べる。

運輸安全委員会は23日、鉄道事故調査官2人を現地に派遣した。

回送電車が作業車と衝突し横転(23日、JR川崎駅)

回送電車が作業車と衝突し横転(23日、JR川崎駅)

JR東日本などによると、事故当時、京浜東北線の上りは最終電車が川崎駅を出た後だった。京浜東北線は23日の始発から蒲田―鶴見間で運転を見合わせ、大宮―蒲田間、鶴見―大船間で折り返し運転する。(共同)

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]