2019年6月26日(水)

米ナスダック、全銘柄の売買一時停止 システム障害

2013/8/23付
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=共同】アップルやグーグルなど有力ハイテク企業が多く上場する米ナスダックは22日、システム障害のため全銘柄の取引を一時停止した。取引は約3時間後に再開。ナスダックが障害の原因を調べている。

価格情報に関連したシステムに障害が起こり、22日の正午すぎから現物株式の取引を停止。オプション取引もストップした。ナスダック銘柄を扱っている他の証券取引所も同銘柄の取引を中止した。

ナスダックには約2600社が上場。日本の企業ではIT関連のインターネットイニシアティブ(IIJ)と訴訟支援会社のUBICの2社が上場している。

ナスダックは昨年5月、インターネット交流サイト大手のフェイスブックの新規上場の際にもシステム障害を起こした。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報