美容室で「幻想」を買う
(テクノロジー編集部BLOG)

2012/11/26付
共有
保存
印刷
その他

 ヘアカラー、パーマ、トリートメントー――。美容院に行くたびに、「髪の毛」にも多くの技術が生かされているのだと実感します。例えばストレートパーマの一種である縮毛矯正。10年ほど前、私が高校生だった頃に爆発的に流行していたのですが、当時は施術時間は5~6時間、価格は3万円以上が普通。癖毛が伸びるのは良いのですが伸びすぎてしまい、板か海苔を貼り付けたようなストレートになってしまったものです(当時はそれが良いと信じていましたが……)。

 久々に縮毛矯正をかけたところ、パーマ液を放置する時間は約半分、出来上がりもとても自然で感激しました。知り合いの美容師いわく、日本製のパーマ液は、世界各国の美容師に高く評価されているのだとか。美容業界のイノベーションにも日本が関わっているのだとうれしく思う半面、国内の美容院ではややもすると「誇大広告」になりかねないパーマもあるようです。

   ◇         ◇   

  「傷まない縮毛矯正でサラつやヘアに」「再現性の高いデジタルパーマで起きてすぐ巻き髪スタイル」「トリートメント成分でかけるクリープパーマでアンニュイなニュアンスを」……。つい先週引っ越してきた表参道は、有名美容室が立ち並ぶ地域。道端で美容師が配布するビラや、美しくライトアップした店頭メニューには、思わず女性が引き寄せられるような文句が並んでいます。色とりどりの看板を横目に、わざわざ出かけるのは横浜市です。

 3席のこじんまりとした美容室「SPLENDO」の店長、中山友介さん(34)はかつては、都内の美容室激戦区で働いていました。「傷まないパーマなんてありません」と断言、「施術はしなければしないほど髪の毛によい」というポリシーで、あれこれ勧めることなく、必要最低限の施術にとどめてくれます。パーマ液は自分の店で調合、カラーは最小限にとどめ、トリートメントも勧めない徹底ぶりです。

 そもそもパーマネントウエーブとは、毛髪を作っているたんぱく質「ケラチン」に含まれるアミノ酸「シスチン」の結合を薬剤で変化させ、人工的にウエーブやストレートを作り出す技術。シスチンの結合は強固なため、強い成分を使わないと解くことができません。これらの成分は、使い方を一歩間違えれば人体に悪影響を及ぼす可能性があるほどで「パーマに使う薬剤は一種の劇薬」(中山さん)。

 市販されているパーマ剤に「目に入ったらすぐ洗い流して医師の診察を受けること」と注意書きがあったり、施術の際に生え際の皮膚につかないように保護クリームを塗ったりするのはこのためです。薬剤の配合や施術者の技術によって差はあるものの、「劇薬」は当然髪の毛も傷めることには変わりありません。

 しかし、こうしたことを把握している美容師も減ってきているといいます。顧客に対してだけでなく、薬剤の卸売業者が美容室にパーマ液を販売する際の売り文句も「あたりすぎてもチリチリにならない」「驚きのパーマ登場」など、安全性や目新しさのみうたったものが増えているのだとか。

美容室向けのパーマ薬剤の売り込みチラシ
画像の拡大

美容室向けのパーマ薬剤の売り込みチラシ

 卸売業者のチラシを見せてもらったところ、薬剤の成分などは一切表示されていませんでした。「危険なものを取り扱っているという意識がないと、美容師の技術は向上しない」と中山さんは警鐘を鳴らします。

 こうした風潮がもてはやされているのは、やはりもうかるからでしょう。美容は一種のコンプレックス産業。顧客には安全性をうたって、どんどんパーマをかけてもらったほうが客単価が上がります。

 かつて、雑誌に取り上げられていた表参道の有名美容室で施術してもらったことがありました。「傷まない」はずのパーマ、カラーとセットで勧められたのは「ツヤが出るトリートメント」。加えて、施術後にはカラーが退色しないノンシリコンのシャンプーとコンディショナーに、専用のスタイリング剤。美容室のロゴが入った製品は割高で、「オススメ」だけで軽く1万円を超えました。試しに購入してみましたが、市販品とさほど差があるようには感じられませんでした。

 次に訪れた時にそのことをやんわりと伝えると「お客様の髪は傷んでますからね~」。あれっ。元々傷んでいた髪がいけなかったのか。いや「傷まない」パーマをかけたから傷んだのか? 以来、そこには行かなくなりました。

   ◇         ◇   

 表参道など、美容室が集まるおしゃれスポットは店舗の賃料も高いことでしょう。自分は「美」という「幻想」や「自己満足」にお金を払ったのだ。その美容室の前を通りかかるたびに、そう納得することにしています。世界で評価の高い日本のパーマ液。でも、利益に走りすぎる美容院が増えると、評価が下がってしまうかもしれません。少し心配になりました。

(猫好)

 日経電子版テクノロジーでは編集部ブログを始めました。旬のニュース、話題の技術、取材・編集の舞台裏など、様々なテーマで記者やデスクが書き記していきます。「テクノロジー」への読者の皆様からのご意見、ご感想も募集しています。こちらの投稿フォームからお寄せ下さい。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 21日 2:00
21日 2:00
東北 22日 20:18
21日 2:00
関東 22日 20:43
21日 12:22
東京 20日 21:50
20日 21:40
信越 0:14
21日 2:00
東海 0:08更新
22日 21:00
北陸 20日 21:30
20日 21:30
関西 22日 20:27
22日 19:12
中国 22日 21:57
21日 2:00
四国 21日 1:31
21日 1:31
九州
沖縄
22日 14:32
21日 19:43

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報