/

この記事は会員限定です

やっぱり始まった指名解雇 日本IBMが直面する試練

[有料会員限定]

社内が恐れていたことがついに始まった――。業績の低迷に苦しむ日本IBM。この春、56年ぶりの外国人社長に就任したマーティン・イェッターが大ナタを振るい始めた。新たな成長戦略を打ち出す一方、成績不良を理由にした指名解雇を始めたのだ。大胆なリストラでIBMのドイツ法人を再建したと言われるイェッター。日本でもその手腕を発揮できるのか。

突然の解雇通知

文字通り、「紙切れ一枚」の解雇だった。

7月のある平日、午後5時。日...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4290文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン