BPニュースセレクト

BRTで仮復旧の気仙沼線、JR東日本が整備に着手

2012/5/23 9:30
共有
保存
印刷
その他

 JR東日本は2012年5月21日、東日本大震災で被災したJR気仙沼線をBRT(バス高速輸送システム)で仮復旧するための工事を開始した。BRTによる仮復旧の対象となる区間は気仙沼-柳津間の55.3kmだ。このうち気仙沼-本吉間の21.3kmの工事を先行して進める。2012年内の一部供用を目指して、まずは同区間内の最知-陸前階上間(約2.1km)の整備に着手した。

 JR東日本と宮城県気仙沼市などは、5月7日に開催したJR気仙沼線復興調整会議(座長:岸谷克己国土交通省東北運輸局鉄道部長)の第5回会合でBRTによる仮復旧に合意した。計画では、約6割が専用道、約4割が一般道を走行する。BRTの専用道は、鉄道軌道を撤去して整備。運行ダイヤなどは未定だ。

JR気仙沼線の仮復旧に採用が決まったBRTのイメージ図。鉄道との乗り継ぎの様子(資料:JR東日本)
画像の拡大

JR気仙沼線の仮復旧に採用が決まったBRTのイメージ図。鉄道との乗り継ぎの様子(資料:JR東日本)

専用道を走行するバスのイメージ(資料:JR東日本)
画像の拡大

専用道を走行するバスのイメージ(資料:JR東日本)


■定員は70人で20~30分おきに運行

バスの定員は約70人を想定している(資料:JR東日本)
画像の拡大

バスの定員は約70人を想定している(資料:JR東日本)

 JR東日本が気仙沼市に示した資料によると、バスの運転間隔は20~30分おきで、運賃は鉄道と同程度とする。車両は幅2.5m、全長11~12m、高さ約3mの大型バスで、定員は約70人を想定している。地元との調整を経て9駅以上を設ける。

 JR気仙沼線の復旧をめぐっては、宮城県の登米市と南三陸町がBRTでの仮復旧に賛成する一方、鉄道での本格復旧の確約を求める気仙沼市が合意を拒んできた経緯がある。同市はJR東日本と協議を進めるなかで、本格復旧をバスではなく鉄道とする意思が確認できたとし、BRTでの仮復旧に合意した。復旧費用についてはJR東日本が単独で捻出するのが難しいことから、同市は国に対して支援を要望する方針を示している。

(日経コンストラクション 木村駿)

[ケンプラッツ2012年5月22日掲載]

共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

関連キーワードで検索

JR東日本BRT東日本大震災JR気仙沼線

日経BPの関連記事

BPニュースセレクト 一覧

図4 複数の商品をまとめて精算

無人化に向けコンビニ商品にRFIDタグ 村田製作所

 村田製作所は、コンビニで販売する商品にRFIDタグを貼り付け(図1)、購入時の精算処理や、在庫管理を自動化するデモを自動認識総合展(2017年9月13~15日、東京ビッグサイト)で実施した。少子高齢…続き (23日 8:00)

TMDを用いた透明フレキシブル太陽電池(出所:東北大学)

透明で柔軟性高い太陽電池、原子オーダーの厚みで実現

 東北大学は2017年9月21日、原子オーダーの厚みを持つ二次元シート材料である遷移金属ダイカルコゲナイド(TMD)を用いて、透明かつフレキシブルな太陽電池を開発したと発表した。透明な二次元シートを用…続き (23日 6:00)

Bitcoin決済サービスの様子

エイチ・アイ・エス、ビットコイン決済サービスを開始

 大手旅行代理店のエイチ・アイ・エス(H.I.S.)は2017年9月21日、仮想通貨「ビットコイン(Bitcoin)」を使った旅行商品の決済サービスを同年9月23日から開始すると発表した。旅行業界でB…続き (22日 23:00)

新着記事一覧

最近の記事

TechIn ピックアップ

09月24日(日)

  • アップルが開発した「ニューラルエンジン」は、人工知能でiPhoneに革新をもたらす
  • 日産と三菱が「EV祭り」フランクフルトショー欠席の理由
  • ゲームの真髄は「身体性」―Niantic川島氏×スクウェア・エニックス三宅氏【対談】

日経産業新聞 ピックアップ2017年9月22日付

2017年9月22日付

・レシート、スマホで9割超読み取り、ISP
・薬副作用、iPSで予測 武田、早期に安全性見極め
・花火・海外挙式、VRで体感 近ツー、遠隔地に同時中継
・農作業の負担軽く、電動台車が自動追尾 中西金属工業
・抗がん剤を使いやすく、シンバイオ 米社技術導入…続き

関連媒体サイト