/

グーグルリーダー終了へ、2割は有償でも利用希望

米グーグルが提供する「Google Reader(グーグルリーダー)」のサービス終了(2013年7月1日予定)が、ネットで話題になっている。ジャストシステムの調査では、20%のユーザーが、同等のサービスなら有償でも利用したい、と考えていることが明らかになった。

これは「Google Readerのサービス終了に関する調査」で、ジャストシステムが同社のクラウド型ネットリサーチサービス「Fastask」を通じて実施。事前のスクリーニング調査で、Google Readerを「毎日利用している」「週に数回利用している」と回答した700人を選んでおき、2013年3月19日から21日の間に本調査を実施した。

これによると、仮にGoogle Readerと同等のサービスが有償で提供された場合、20.6%が「有償でも利用したい」と回答した。希望する月額利用料については、87.5%が「500円まで」と回答したが、「1000円以上」も6.2%あった。

Google Readerに代わるサービスを既に検討しているかどうか、という質問に対しては、検討中は33.6%、移行済みという回答も7.6%あった。一方「検討していない」が30.0%、「代替手段が思いつかない」が27.1%で、まだ60%弱は代替手段を見つけていない。

移行先のサービスに関する質問(複数回答)では、「Feedly」(48.5%)、「livedoor Reader」(44.3%)、「My Yahoo!」(39.6%)の順。移行検討中のサービスの満足度について、「満足している」は39.6%、「さらに新たな代替手段が提供されることを期待している」が38.7%で、ほぼ拮抗する結果となった。

Google Readerのサービス終了については、73.0%が「終了するとは思わなかった」、70.8%が「急なことで困惑している」、76.4%の人が「無料でもユーザーのことを考慮すべきだと思う」と答えている。

(ITpro 本間康裕)

[ITpro 2013年3月22日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン