/

この記事は会員限定です

中国集中避けろ トヨタと日産の「リスク管理2.0」

産業部次長 中山淳史

[有料会員限定]

「中国が怖いのではなく、グローバリゼーションとIT(情報技術)革命が一体化して世界を小さくしていることが恐ろしいのだ」。要約だが、米コラムニストのトーマス・フリードマン氏らが昨年著した「かつての超大国アメリカ」(邦訳=日本経済新聞出版社刊)にこんな内容のくだりが出てくる。

関連記事
・10月16日日経朝刊11面「トヨタ、天津一部休止」
・10月19日日経朝刊9面「中国デモ被害を全額補償、日産」
・10月20日日経朝刊3面「『日本外し』じわり拡大」

半導体も携帯電話も「iPad」もみんな米国が生み出した技術や製品だが、つくっているのは中国。しかし、米国から雇用を奪ったのは中...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1234文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン