/

バングラデシュに初のITパーク、2015年にも誕生

バングラデシュの首都ダッカ近郊に、ソフトウエア会社やITサービス会社を集めた同国初のITパークが誕生することが分かった。2015年以降の開設を目指し、不動産会社などの民間企業団と政府がそれぞれ計画を始動する。

人口1億6000万人超のバングラデシュでは、英語を話せるIT人材がインドの半分のコストで雇えるといわれる。

日系企業のバングラデシュ進出を支援するバングラ・ビジネス・パートナーズによれば、ITパークに先駆け、民間主導のプロジェクトは2013年内にもダッカ中心部の建物にIT企業を集積した「ITビル」を構える計画という。民間と政府のプロジェクトは共に、日本を含む海外IT企業の誘致を目指す。

(日経コンピュータ 大和田尚孝)

[ITpro 2013年2月21日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン