2013年のリスク、テロと資源の結節点に 編集委員 滝田洋一

(1/2ページ)
2013/1/24 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

アルジェリアの人質事件は多くの日本人駐在員が巻き込まれ、尊い命を奪われる最悪の結果となった。合掌。日本企業が新興国への展開を急ぐなか、経済活動はリスクと背中合わせである。年初の日本は久しぶりに楽観が支配的だが、これを機に足元を見つめ直す必要があろう。

■訪れた「アラブの夏」

「アラブの夏(Arab summer)」。政治リスク分析の米ユーラシア・グループは今年の10大リスクの3番目として、中東・北…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]