2019年8月19日(月)

マイクロソフトのノキア買収、25日完了の見込み

2014/4/22付
保存
共有
印刷
その他

ITpro

米Microsoft(マイクロソフト)とフィンランドNokia(ノキア)は、MicrosoftによるNokia携帯電話事業買収の手続きが、現地時間2014年4月25日に完了する見通しだと発表した。

両社は2013年9月3日に、Microsoftが54億4000万ユーロ(約72億ドル)でNokiaデバイス・サービス部門を買収する契約を締結したことを発表。同年11月19日に行われたNokia株主の投票で、99%以上の賛成票を獲得した。そして同年12月に米連邦取引委員会(FTC)と米司法省(DOJ)、さらに欧州連合(EU)の欧州委員会(EC)から続けて承認を受けた。

当初は、2014年3月末までの手続き完了を目指していたが、アジアの一部の国で当局による審査が長引き、4月にずれこんだ。4月8日に中国商務省の承認を得たことで、手続き完了に向けた最終段階に入っていた。

同買収により、MicrosoftはWindows Phoneの普及拡大と開発を加速するとともに、Nokia端末を介して新たに10億人のユーザーを各種Microsoftサービスに取り込みたいとしている。一方Nokiaは、通信事業者向けの無線ネットワークインフラ機器などを手がけるNokia Solutions and Networks(NSN)事業に注力する。

また、Microsoftは買収完了に向けた承認を得るために、合意条件を一部調整したことを明らかにした。具体的には、当初の合意条件に含まれていなかったオンライン資産「nokia.com」のドメインおよびソーシャルメディアサイトをMicrosoftが最大1年間管理するほか、買収対象ではないChief Technology Office部門のうち、中国で携帯電話関連に従事する21人がMicrosoftに移籍する。一方で、獲得する予定だった韓国の製造工場は買収対象から外れる。

なお、Nokiaの前最高経営責任者(CEO)であるStephen Elop氏は、買収完了後にMicrosoftのデバイス部門担当エグゼクティブバイスプレジデントに就任することが決まっている。

[ITpro 2014年4月22日掲載]

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。