Web集合知によるゲリラ雷雨予測、「感測」で9割超捕捉 13年の注目技術3位

(2/2ページ)
2013/12/2 7:00
保存
共有
印刷
その他

専用機器による精密な「観測データ」と、利用者による大量の「感測データ」の組み合わせによって、気象解析の地域的な密度を高め、短期予報の精度を向上させる。これが同社の気象解析技術の独自性である。

■「減災」につなげたい

ゲリラ雷雨の予測では、10万人規模の有志会員による「ゲリラ雷雨防衛隊」と呼ぶ専門チームを組織している。これに加え、ゲリラ雷雨観測のためにWNIが独自開発し、全国80カ所に設置した小型気象レーダー「WITHレーダー」や、全国3000カ所に設置した観測システム「ソラテナ」の観測データも用いる。

2013年 社会にインパクトを与えた技術
1位:イプシロンの人工知能
2位:自動ブレーキ技術
3位:ゲリラ雷雨予測技術
4位:静かに消すビル解体技術
5位:ロボットスーツ(HAL)
6位:3Dプリンター
7位:直下地下切り替え工法
8位:遠隔がれき撤去技術
9位:IGZO(イグゾー)
10位:Hadoop(ハドゥープ)

※日経BP社の専門記者200人が挙げた300以上の技術の中から、4人の審査員が選出した

WITHレーダーは、半径50kmの範囲で対流圏下層(上空2km以下)の大気現象を6秒ごとに観測する機器である。雨雲が移動する速度や方向、予想される雨の強さを調べられる。

これらの専用機器による観測データと利用者からの報告を基に、ゲリラ雷雨が発生する可能性がある地域を絞り込み、対象地域の隊員に監視体制の強化を依頼する。隊員が報告する雲の有無や色、距離感などを基に重点地域を定め、機器による観測内容も変えていく。この全体システムの運営と気象予報技術が、ゲリラ雷雨を高精度に事前予測する成果に表れている。

インターネットを介して、「感測者」である一般の利用者と、離れた場所にいる気象予報の専門家が協力し合う。スマホ時代、ソーシャル・メディア時代の新しい気象予報技術の姿だろう。WNIは、これを災害による被害を減らす「減災」につなげることを目指している。

同社は、2013年秋以降に利用者参加型の気象予報技術を世界展開する計画だ。日本の工場における「改善」活動が「KAIZEN」になったように、「感測」が「KANSOKU」として世界の言葉になる日も近いかもしれない。

(Tech-On! 高橋史忠)

[Tech-On!2013年10月24日付の記事を基に再構成]

  • 前へ
  • 1
  • 2
保存
共有
印刷
その他

テクノインパクト2013

日経BPの関連記事

電子版トップ



[PR]