/

この記事は会員限定です

世界初、次世代パワー半導体が東京メトロに 三菱電機

産業機器への採用も視野

[有料会員限定]

「SiC(炭化ケイ素=炭化シリコン)は鉄道車両にとって良いことづくめ。もっと適用範囲を拡大したい」(三菱電機 常務執行役 社会システム事業本部長の四方進氏)――。

三菱電機は、鉄道車両に向けて、話題のSiC製パワー素子(大電力を扱える半導体)を利用したインバータ装置(直流電力を交流電力に変換する装置)を製品化する(図1)。SiC製パワー素子は,現在のSi(シリコン)製パワー素子よりも性能が高く,S...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2667文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン