/

この記事は会員限定です

社会保障3党合意、ねじれ解消で風前のともしび

編集委員 清水真人

[有料会員限定]

衆参ねじれ国会を解消した参院選。岐路に立つのが、社会保障制度改革を巡る自民、民主、公明3党合意だ。ねじれが3党を一つのテーブルにつけ、消費税率の10%への引き上げと一体で改革推進をうたったが、対立は根深いままだ。民主党惨敗で遠心力が強まれば、社会保障が再び政争の具となりかねない。

選挙中も不休の国民会議

「待ったなしの社会保障改革を、国民会議の報告書を踏まえてしっかり進めねばならない」

参院選大勝から一夜明けた22日、首...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2162文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン