米フェイスブック、「ミニ動画」参入 3つの理由
モバイル戦略を加速

(1/3ページ)
2013/6/23 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

交流サイト(SNS)最大手、米フェイスブックの傘下企業で、写真共有アプリ(応用ソフト)を展開する米インスタグラム(カリフォルニア州)が20日、動画への対応を始めた。新規株式公開(IPO)を控えたフェイスブックが10億ドル(約980億円)という巨費を投じる買収を表明してから1年強。スマートフォン(スマホ)利用者に人気のある「ミニ動画」の新サービスを強化し、モバイル戦略を一気に加速させる狙いだ。両社…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]