2019年6月17日(月)

国内最大の生コンポンプ車で原発冷やす

2011/3/22付
保存
共有
印刷
その他

東京電力は2011年3月22日、放射能漏れの恐れがある福島第1原子力発電所4号機を冷やすため、国内最大のブーム長を持つ生コンポンプ車を投入する。鉄板を敷き詰めた現場にポンプ車を入れ、早ければ同日午後から注水作業を始める計画だ。

福島第1原子力発電所に向かった中央建設のポンプ車(写真:中央建設)

福島第1原子力発電所に向かった中央建設のポンプ車(写真:中央建設)

作業に使う予定のポンプ車はブームの長さが52m。全国コンクリート圧送事業団体連合会によると、52mのブームを持つポンプ車は国内に3台しかない。そのうちの2台を所有する中央建設(三重県四日市市)が3月17日、原発の冷却に使えないかと政府に申し出た。

消防車による放水とは違い、建屋の上空に延ばしたブームの先端から地上30mにある使用済み核燃料プールなどに向けて水をピンポイントで注ぎ込める。ポンプ車から100m以上離れた場所でブームを遠隔操作できることも特徴だ。

同社が東京電力から出動の依頼を受けたのは20日午後8時過ぎのこと。2台のポンプ車は同日夜、同社のオペレーターとともに三重県四日市市を出発して、翌21日に福島県内に到着。待機場所で操作手順の確認などを繰り返して本番に備えた。

■生コンなら1時間で150m3圧送

ポンプ車はドイツのプツマイスター社が製造した「M52 Multi-Z」。ピストン式のポンプを備え、比重2.3の生コンを1時間当たり150m3圧送できる。比重1の水ならば圧送能力をさらに高められる可能性がある。

ポンプ車の全長は13.61mある(資料:中央建設)

ポンプ車の全長は13.61mある(資料:中央建設)

ブームの可動範囲(資料:中央建設)

ブームの可動範囲(資料:中央建設)


丸河商事のポンプ車。手前が現場に派遣したブーム長52mの車両(写真:丸河商事)

丸河商事のポンプ車。手前が現場に派遣したブーム長52mの車両(写真:丸河商事)

ポンプ車は、消防車のような水を蓄えるタンクを搭載していない。現場の詳細な計画は不明だが、ポンプ車に水を送る仕組みと燃料を補給する体制が整えば、連続注水が可能となる。大きなポンプ車が原発に近づくためには、がれきの撤去など進入経路の確保も欠かせない。

同型のポンプ車は丸河商事(岐阜県恵那市)も1台所有している。こちらも既に福島県内に到着して待機している。

【追加情報】
 福島第1原子力発電所の注水作業に当たるため、現地に集まったポンプ車は計4台あることが判明しました。本記事中にある中央建設の2台、丸河商事の1台に加え、プツマイスター社も横浜港にあった1台を派遣しました。
 この1台は、東南アジア向けの輸出用。横浜港から現地に向かう途中で車両トラブルが発生したものの、部品交換を済ませて現地に到着しました。ブームの長さは58mあり、国内最長の52mを上回ります。

(日経アーキテクチュア 瀬川滋)

[ケンプラッツ 2011年3月22日掲載]

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報