安倍首相「ねじれ解消、政治を前に進める」

2013/7/22付
保存
共有
印刷
その他

自民党役員会に臨む安倍首相(22日午前、自民党本部)

自民党役員会に臨む安倍首相(22日午前、自民党本部)

安倍晋三首相(自民党総裁)は参院選圧勝を受けて開いた22日の党臨時役員会で「衆参のねじれは解消された。気を引き締めて、政治を前に進めたい」と強調した。この後、公明党の山口那津男代表と会談して連立政権の維持を確認し、午後2時から記者会見する。政府・与党は8月2日に会期1週間程度の臨時国会を召集する方針で、自民党から新しい参院議長を選出する。

首相は党役員会で「安定多数を確保した。問われているのは自民党自身だ。一致結束して結果を出したい。国民との約束を果たすことで信頼を高めることにつなげたい」と語った。菅義偉官房長官も記者会見で「政治を前に進めたい」と首相と同じ表現で、安定した基盤での政権運営への意欲を示した。

首相が意欲を示す集団的自衛権の行使容認には公明党が慎重で、政権内の火種になる可能性がある。公明党の山口代表は22日朝のTBS番組で「集団的自衛権の行使は歴代政府が認めてこなかった。にわかに変える必要性は十分、理解されていない」と語った。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]