/

じわりと毎秒1ミリ、赤プリ旧館をまるごと動かす

驚異の工事現場シリーズ

 東京都千代田区にある旧グランドプリンスホテル赤坂の跡地で超高層ビル2棟の新築工事を進める西武プロパティーズ(埼玉県所沢市)は、敷地内で保存する「旧館」の曳き家(ひきや)工事を11月18日に公開した。曳き家とは、建物を解体せずにそのままの状態で移動させること。旧館の移動距離は44mで、施工は大成建設が手掛けている。

旧館は旧朝鮮王室の邸宅として1930年に完成した鉄筋コンクリート造、地上2階建ての建物。宮内省内匠(たくみ)寮(現在の宮内庁管理部)が設計して、清水組(現在の清水建設)が施工した。

旧館は戦後、西武鉄道の所有となり、55年に客室数31室の赤坂プリンスホテル(通称、赤プリ)として開業した。83年に丹下健三氏の設計で40階建ての「新館」が開業してからは、婚礼施設やレストラン、バーなどとして使われてきた。

西武プロパティーズは2011年3月にホテルの営業を終了。新館は大成建設・西武建設JV(共同企業体)が「テコレップシステム」と呼ぶ騒音や粉じんを抑える工法を使って、13年7月までに解体した。解体工事中に、ホテルが徐々に低くなっていく様子が話題を呼んだ。

跡地には地下2階、地上36階建てで高さ180mのオフィス・ホテル棟と、地上24階建てで高さ90mの住宅棟を建てる。総事業費は約980億円で、16年夏ごろの開業を目指す。

旧館は11年に東京都の有形文化財として指定された。「貴重な文化財を保存して、建て替え計画のシンボルにしたい」。西武プロパティーズ都市開発部の妹尾寛仁ジェネラルマネージャーはこう話す。

ただし、保存後の旧館の利用方法は現時点で明らかにしていない。妹尾ジェネラルマネージャーは「関係官庁と協議して、多くの人に利用してもらえる施設にしたい」と述べるにとどめた。

移設中に地下躯体を構築

曳き家は2段階に分けて施工する。13年11月に1回目の曳き家を実施。元の場所から南東方向に44m動かして仮置きする。

仮置きする間、旧館があった場所の地下にオフィス・ホテル棟の駐車場やバス乗り場、タクシー乗り場などをつくる。地上部に床スラブを打設した後、逆打ち工法で掘削を進める。旧館は14年8月に2回目の曳き家を実施して、ほぼ元の位置まで戻す。

「駐車場などの基盤施設を地下に埋設することで、地上部を緑化する計画だ」と、設計・監理を担う日建設計PMO部の松崎愛彦氏は説明する。

旧館を曳き家せず、元の位置に残したまま直下で、駐車場などの躯体工事(主要構造部分を作る工事)を進める案も検討した。しかし、建物の仮支えなどが複雑になる。「費用と工期の両方を考えると、旧館をいったん曳き家した方が有利だった」(松崎氏)

毎秒0.5~1mmの速さでそろりと移動

1回目の曳き家は11月11日に開始。11月19日までの休工日を除く実質8日間で44m移動した。建物の総重量は5000t。油圧式の推進ジャッキで総重量の3~4%に相当する200t弱の水平力を加えて、毎秒0.5~1mmの速さで動かした。

「見ていても動いていることが分からないくらいのゆっくりとしたスピードだ。ジャッキの油圧や建物の変位量を一元管理して、不具合が起こらないよう慎重に作業している」と、大成建設の小倉学作業所長は言う。

曳き家に先立って、大成建設は12年7月以降、旧館1階の床や梁の下に、厚さ75cmほどのプレストレスト・コンクリート(鉄筋とは異なる特殊な鋼材を入れることで、引張力への耐性を高めたコンクリート)製の「マットスラブ」と呼ぶ補強床を順次構築していった。マットスラブの下に仮受けジャッキを据え付け、建物の重量を受け替えた後、既存の柱をワイヤソーで切断した。

その後、地上部にレールを敷設して、直径60mmのころ棒を介した計95台の移動台車に建物を載せ、後端部から推進ジャッキで水平方向に押した。推進ジャッキの数は15台。1回のストロークで建物を約350mmずつ動かした。

「ジャッキによる押し出し作業を1日に17~20回繰り返して、建物を1日当たりおよそ6mずつ移動させた」(小倉所長)。建物の移動中は、30人ほどの作業員を床下や周囲に配置。移動に合わせ、ころ棒を盛り替えたり、位置を微調整したりして、建物がスムーズに動くように気を配った。

旧館はチューダー様式の外観

旧館は、旧李王家東京邸とも呼ばれ、外観は英国のチューダー様式を基調とする。車寄せの開口部や階段室にあるステンドグラスの窓上部に、半円を少し押し潰したような形の特徴的なアーチが見られる。木造の小屋組みに支えられた屋根はスレートぶきで、急勾配の大きな寄棟に屋根窓や塔屋を組み合わている。

一方、内装はねじり柱や網代(あじろ)天井など、多様なデザインが混在する。1階に来客用の広間や大食堂を配置。2階には寝室などのプライベートな部屋が設けられていた。

創建時の姿を復元

2段階の曳き家工事を終えた旧館は、後年に増築されていた2階の一部を撤去してベランダを設けるなど、創建時の姿を復元する。基礎部分の免震化も計画している。

さらに、建物の北西側を新たに増築して、再活用するために必要な諸室を集約する。西武プロパティーズでは「旧皇族建築として当時の面影を残しつつ、建物として命ある文化財を目指す」と説明している。

新築する2棟の超高層ビルのうち、オフィス・ホテル棟は鹿島・鉄建・熊谷組JVが施工。現在は、既存の地下躯体を解体しているほか、新築の山留め工事や掘削工事を進めている。

鉄骨造の制振構造で、地上1~4階に商業施設、5~28階にオフィス、30~36階にホテルが入る。オフィスは1フロア1000坪超の大きな空間を確保。ホテルは客室数が250室程度で、西武グループのプリンスホテル(東京都豊島区)が旧館とともに運営する。

住宅棟は西武建設・大林組・前田建設工業JVが施工。こちらも現在、山留め工事や掘削工事が進んでいる。建物は鉄筋コンクリート造で免震構造を採用する。フロントコンシェルジュなどのサービスを提供する約130戸の賃貸住宅となる計画だ。

オフィス・ホテル棟と住宅棟の工期は13年1月から16年5月ごろまで。設計・監理は日建設計が担当。外装デザインは米国の設計事務所であるコーン・ペダーセン・フォックス・アソシエーツ(KPF)が手掛けた。

工事概要
 名称=旧グランドプリンスホテル赤坂 旧館曳き家工事、工事場所=東京都千代田区紀尾井町1-2、発注者=西武プロパティーズ、設計・監理者=日建設計、施工者=大成建設、工期=2011年9月1日~14年11月30日、建築面積=約950m2(平方メートル)、延べ面積=約1790m2、階数=地上2階、構造=鉄筋コンクリート造/一部木造

(日経アーキテクチュア 瀬川滋)

[ケンプラッツ2013年11月20日付の記事を基に再構成]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン