銀座人気支える道幅の「黄金律」 消費産業部次長 中村直文

2010/5/25 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

今も廃れない銀座ブランド。老舗や高級ブランドから、ヘネス・アンド・モーリッツ(H&M)やフォーエバー21など海外の低価格専門衣料品店まで、消費地としての幅と奥行きが最大の強みだろう。だがそれだけではない。実は銀座にはブランド力を支える「黄金律」が道幅に隠されていた。

歩きやすさ考え細やかな工夫施す

銀座を歩きながらショッピングなどを楽しむ通称"銀ブラ"(本来の語源は「銀座でブラジル豆のコーヒーを飲…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]