/

この記事は会員限定です

消えた神通力 任天堂が選んだイバラの道

[有料会員限定]

任天堂が瀬戸際にたたされている。営業赤字は3期連続。売上高はピーク時の3分の1まで縮んだ。スマートフォン全盛の時代に背を向けた経営姿勢が株式市場の失望を誘い、かつて任天堂にひれ伏していたソフト会社の視線も厳しい。ゲームの王様は復活できるのか。

くすぶるソニーとの提携観測

閑静な住宅地にそびえる白亜のオフィスビル。昨年9月下旬、京都市郊外の南区にある任天堂本社は、喪服姿の男女に囲まれた。任天堂の中興の祖である前社長、山内溥の社...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4389文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン