2019年2月22日(金)

美走・快走・楽走

フォローする

坂道ランは気力と根性じゃない 前傾姿勢で楽々
ランニングインストラクター 斉藤太郎

(1/4ページ)
2012/11/28 7:00
共有
印刷
その他

坂道は気力と根性だ。苦しい顔をして自分をさいなみ、克服する青春ドラマの映像が焼き付けられている方は、潜在的にそう思い込んでしまいがちです。上り坂も下り坂も、そういうことではなく、力を持続させて楽に走るコツがあります。コツをつかむことで、苦手意識から解放されるかもしれません。

上り坂、おへそを前方斜め下に押し出す感じで

上り坂が視界に入ってくると、緊張感が高まります。無意識に肩に力みが生じ、上体が硬直する。坂は我慢して力で上るものだというモードに入ってしまうのです。

そして早く上り終えたいという焦りから視線は頂上に向けられ、顎が上がり、のけ反る姿勢に。気持ちは前に進もうとしているのに、後ろに崩れたフォームに陥ります(写真1)。これでは一時的には頑張れても、持続できません。

効率よく楽に上るためには、まず肩を下げて、深く息を吐くことを心掛けましょう。視線は3~5メートル程度前に落ち着かせて、体全体が前傾姿勢を描くようにします。おへそを前方斜め下に押し出す感じです(写真2)

おへそから出る矢印の方向(→)にボールを投げたとしたら、前に弾んで上っていくだろうなぁというイメージを持って走るといいでしょう(写真3)

上り坂に対する意識のチェンジをまとめると…(表A)

×「上に登ろう」「視線を上」「脚を上げる」「蹴る」

「体を前方斜め下に崩し続ける」「地面に体重を乗せる」「足を置いていく」

こんな意識改革をしてみてください。電車に例えると、今までは通常の電車で上ろうとしていたかもしれません。これでは重心が後ろに残っていて非効率的です。

これからはケーブルカーのように、斜面に対して重心を前に崩して着実に一歩一歩上っていくということです。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 次へ
共有
印刷
その他

走る楽しさを語る「ランナー集まれ」



関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

美走・快走・楽走 一覧

フォローする
レースに頻繁に出る場合は、練習レースを重ねながら本命のレースでピークを迎えられるように仕上げる

 心機一転という気持ちで新しい年をスタートされたランナーが多いことと思います。昨年11月末あたりの大きな目標レースを経て、この1月には2本目、中には3本目のフルマラソンを予定されている方が多いのではな …続き (1/15)

(写真1)股関節が「>」のラインをつくり、前方への速やかな移動につながっている

 今回は「股関節の折りたたみとランニングの効率」というテーマでお話しします。効率のいいフォームかそうでないかを見る尺度の一つに「股関節を屈曲できているかどうか」があります。ランニングに限らず、相撲の立 …続き (2018/12/22)

キプチョゲ選手はベルリン・マラソンで2時間1分39秒の世界新記録をマークした=ロイターロイター

 2018年の秋、人類の限界の数値ともいえるフルマラソンの記録が塗り替えられました。9月16日のベルリン・マラソンでエリウド・キプチョゲ選手(ケニア)により世界記録が2時間1分39秒に更新されました。 …続き (2018/11/20)

ハイライト・スポーツ

[PR]