/

この記事は会員限定です

異次元の政策、今度は成長戦略に必要

編集委員 小竹洋之

[有料会員限定]

安倍晋三政権が次に掲げる看板は「異次元の景気回復」である。甘利明経済財政・再生相は5月16日の記者会見で、そこに至る歩みが始まったと述べた。

関連記事
・5月15日日経朝刊2面「成長戦略『痛み』は先送り」
・5月16日日経夕刊1面「GDP実質3.5%増」
・5月18日日経朝刊1面「設備投資、年70兆円めざす」
・5月20日日経夕刊1面「景気『緩やかに持ち直し』」

気持ちはわからなくもない。内閣府がこの日発表した2013年1~3月期の実質成長率(速報値)は、前期比年率で3.5%となった。0.5%前後といわれる潜在成長率を大幅に上回る水準だ。

日本経済研究センターが集計した民間予測の平均によると、消費増税前の14年1~3...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1135文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン