考える習慣失う? 「スマホ中心生活」の大学生

(1/6ページ)
2013/8/27 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他
 一部の大学生は、もはやスマートフォン(スマホ)依存というレベルではなく、スマホに支配されていると表現したくなるほど、スマホ中心の生活を送っている。その結果、じっくりと物事を考える時間や習慣さえも失いかけているようだ――。小学校高学年から中高生までスマホが急速に広がるなか、様々な課題が浮上してきた。本連載では、スマホを肌身離さず持ち歩く「スマホチルドレン」の現状を、中学校での生徒指導経験が豊富な兵…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

特集:スマホチルドレンの憂鬱

日経BPの関連記事

電子版トップ



[PR]